~外国人技能実習生の受入れによる国際貢献・製造現場改善提案~

代表理事ご挨拶

 モノつくり事業協同組合は、2006年10月に創立以来、外国人技能実習生の受入れ開始から2018年4月に延べ1,000人を超える受入れ実績を築くことができました。これも偏に会員皆様のご協力、ご支援の賜と厚く御礼申し上げます。

「外国人技能実習制度」の抜本的見直しを受け、当該制度の基本理念に立ち返り、適正な実施及び技能実習生の保護など監理団体としての責務を果たすべく、当組合内の更なる組織監理体制の強化、職員スタッフへの再教育の徹底など今後も努めてまいります。

併せて、会員受入企業である「実習実施者」での技能実習生受入れが受入計画通り適正かつ円滑に行えるよう「定期巡回訪問」「監査」「技能実習移行試験」などの支援、監理業務を従前にも増して着実に実施してまいります。

送出し機関につきましては、政府認定送出し機関の中から厳選しておりますが、受入れ実績の多いベトナム、中国の二国に加え、カンボジア、インドネシアなどからの受入れも見込まれます。

国内人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野(特定産業分野)において、一定の専門性・技能を有する外国人に係る在留資格として創設された在留資格「特定技能」での受入れが可能となり、当組合でも登録支援機関 の登録を行い、多様化する外国人材の受入れを更に進めてまいります。
今後も皆様の満足度を向上させるべく取り組んでまいりますので、引き続き皆様のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。